海外留学生向けの試験について

海外から日本に留学してきた学生が日本の大学に入学するためには、一般の日本人学生と同様に試験を受ける必要があります。
ほとんどの大学や大学院、専門学校の入学試験には海外留学生のための専門枠が用意されています。


これは一般の入試内容に加えて語学力などもテストされるものとなっており、合格範囲などはそれぞれの大学や専門学校によって異なります。

ワーキングホリデーの有益性の紹介です。

ただ、こちらの場合は特別選考としての枠組みとなっており、出題や回答に当たっては日本語の点で配慮されていたり、入試科目の数が軽減されているなどの特別な条件下での試験となっているので、特別枠での入試がおすすめされています。



実際の入試の内容としてはTOEICや筆記、小論文や面接などの一般的なものと、日本語学力などの特別な内容もあり、学校ごとにいくつかを組み合わせて実施されています。

その中でも日本留学試験と呼ばれているものはどこの大学や専門学校でもほとんど実施されているものであり、これを受験していない場合はかなり学校の選択枠が制限されると言っても過言ではないとされています。



この試験は日本以外でもアジア諸国で受けることが可能であり、年2回ほど実施されているので受験するチャンスが多く、何回でも受けることができるので海外留学生のほとんどが受験しているものとなっています。


これに加えて語学力のテストや一般の内容を受験し、合格することでそれぞれ志望している大学や専門学校に入学が可能となります。